美味しいコーヒーの作り方

珈琲きゃろっとさんによる『もっと美味しいコーヒーの淹れ方』

美味しいコーヒーの淹れ方の応用編として、「雑味が無く濃度の高いコーヒーを抽出し、お湯で薄めて通常の濃さに戻す」という方法があります。

普通にドリップする場合に比べると豆の使用量が一割ほど増えますが、とっても美味しいコーヒーができあがるのだそうです。

【2人分 :できあがり250ml コーヒー豆23g】

まず、100ml分のコーヒーを抽出します。

ドリッパーにフィルターとコーヒーの粉をセットしたら、粉全体に行きわたる程度に90℃のお湯を注ぎ、そのまま1分ほど蒸らします。

その後、ゆっくりと少しずつお湯を注ぎます。抽出液がサーバーに落ちる速度を同じくらいの速度がベストです。

抽出したコーヒー液が100mlになったら、ドリッパーを外します。

この抽出液に150mlのお湯を注ぎ、美味しいコーヒーの完成です。

この方法で作る高濃度のコーヒー液を水筒などに入れて持ち歩けば、外出先でお湯を注いで美味しいコーヒーを飲むことができます。

ただし、淹れたてのまま保温ポットなどに入れてしまうと、温度の高い状態が長く続くことにより風味が落ちてしまいますので、常温に冷ましてから容器に入れるのがポイントです。