おいしいコーヒーの淹れ方

珈琲きゃろっとで紹介されている『おいしいコーヒーの淹れ方』の動画の解説です。

【2人分 : 250cc コーヒーの粉20g】

まずはペーパーの準備です。

底と横の2箇所の綴じ目の部分を、片方が山折りなら、もう片方は谷折りとなるように互い違いに折り、ドリッパーにセットします。

そこにコーヒーの粉をを入れたら、軽くフィルターを揺すって平らにしておきます。

次はお湯の温度を調節します。

ポットからサーバーに、一旦すべてのお湯を注ぎ、もう一度ポットへ戻します。

この作業をすることで、お湯の温度が適温である約90℃になります。

一投目のお湯を注ぎます。

粉全体にお湯が行きわたる程度のお湯を注ぎ、約30秒蒸らします。

2投目は、中心から外側に向かって渦巻状に注ぎ、また中心に向かって戻ります。

膨らんだ粉の形を壊さないように、そっと注ぐのがポイントです。

ここまでで、コーヒーの成分はほとんど抽出されます。

3投目からは、量と濃さの調節です。

フィルターの直接お湯がかからないように注意しながら、2投目と同じ注ぎ方で、もう1セット注ぎます。

濃い目がお好みの場合は、お湯を細く注いでゆっくりと抽出し、薄めの味がお好みの場合は、お湯の量を増やして、早めに淹れていきます。

同じように、4投目、5投目とお湯を注いでいきます。

適量に達したら、お湯がすべて落ちきってしまう前にドリッパーを取り上げます。

最後まで落としてしまうと、雑味やエグみがでてしまい、味が落ちてしまうので注意しましょう。